Jerrio's Cafe

店主Jerrioのよもやま話と音楽の世界にようこそ...

「招待状のないショー」 井上陽水

Posted by Jerrio on   0 comments   0 trackback

先週までの暑さはどこに行っちゃったの?というくらい肌寒い朝だ。今日は土曜日。ゆったりとした空気の中、息子の弾くギターの音が聞こえている。僕もああやってギターを練習していた頃があったよなあ...こんな日は少し懐かしいところから入っていこう。

中1の夏、初めて自分の小遣いでLPレコードを買った。井上陽水のサードアルバム「もどり道」である。当時としては大金(\2500位?)だったが、その分大切に何度も聴いた。その後4作目の「氷の世界」が出る頃には全作買い揃え、ついでにギター譜までそろえて、夜な夜なギターの練習に精を出したものだった。

回りには“拓郎派”の友人もいたが、僕は圧倒的に陽水びいきだった。中学時代の僕には当時の吉田拓郎に感じていたストレートでぶっきらぼうなイメージよりも、陽水の持つ叙情性、繊細さの方が共感できたのだろう。その後、期待して購入した5作目「二色の独楽」は、一転ROCK色の強さから僕の期待を大きく裏切り、急速に“陽水熱”は冷めていった。

招待状のないショー/ 井上陽水
招待状のないショー / 井上陽水


「招待状のないショー」は6作目のアルバムで、前作からやや時間をおいた1976年3月25日に発売されている。その直前に、陽水・拓郎・泉谷しげる・小室等によるフォーライフ・レコード設立が話題になっていて、久々に出てくる新作(フォーライフレコード第1弾)をぜひ聴いてみたいと思い、発売日を待ちかねて購入した。高校入学の直前である。ただし、高校時代、陽水をあまり聴き込んだ記憶はない。前作のような拒否反応はなかったものの、興味は既に違う方向に向かっていた。ただ、陽水の中でもこのアルバムだけは、その後カセットテープに録音して、大学時代、就職後も手元に置いていた。長いブランクを経て再度頻繁に聴くようになったのは、10年ほど前にCDのリマスター版を入手してからで、今や僕にとっては外せない愛聴盤になっている。

この作品はトータルアルバムとして全曲の流れがひとつの世界をつくっていて、それまでの彼のアルバムには見られない凝った構成になっている。そのテーマは「別れ」ではないかと思うが、逆にこのアルバムには、それまでの陽水のアルバムにはないある種の明るさがある。孤独の裏側にぼんやりとした希望が透けて見えているのだろう。

多重録音による調弦風アカペラコーラスの後、アルバムはいきなり1曲目「Good,Good-Bye」の軽快な“さよなら宣言”で始まる。始まっていきなりグッバイかい、と突っ込みたくなるこの曲には、まだデビュー前の矢野顕子がコーラスで参加していて、みずみずしい声を聞かせている。そして間髪を入れず、名曲「招待状のないショー」へ。さよならのあとの“喜びの予感”を感じさせるこの曲からは、編曲者・星勝の意欲が伝わる。恐らく賛否両論あるのだろうが僕はこの編曲が好きだ。”好きな歌を思いのままに”。高らかに歌い上げる陽水の声は、その歌詞そのままに、新天地で思い通りの音楽をつくることができる喜びに満ちている。

  Link:  招待状のないショー / 井上陽水

この2曲をプロローグとして、3曲目の「枕詞」(まくらことば)と終曲の「結詞」(むすびことば)で挟まれた本編へと幕は開く。そこでは陽水ならではの詩的で抑制のきいたことばによって、別れの周辺に浮かぶ感情・情緒、情景が表現され、一方で出会いの予感も垣間見ることができる。そのジャンルを超えた音楽表現・締まった演奏からは、かつての「フォークソング」のイメージは消えている。

そして終盤の佳曲「もう・・・」。“もうあの娘には逢えない”というフレーズでいきなりぷっつりと終わる。ジ・エンド。静寂。深い喪失感。空白の後、終曲「結詞」へ。

「結詞」には中盤にアップテンポの長い間奏が入るが、アルバムを通して唯一の難点は、この間奏部分の編曲の陳腐さだ。人によって好みはあるだろうが僕はいつまでたっても好きになれない。しかし間奏後の後半部分は、そのマイナスを補っても余りあるすばらしいエピローグへと展開するのだ。このアルバムの中毒性は、この夢の中にたゆたうようなエピローグにあるのではないかと思っている。

  Link:  結詞 / 井上陽水

最近になって、このアルバムの発売直前に最初のパートナーと離婚し、また同じ頃今の奥様(石川セリ)と出会っていることを知った。苦さと甘さが同居したこのアルバムは、公私共に新たなステージを迎えていた陽水の、その時点での素直な気持ちが表現されたものなのだろう。しかしそういうこととはまったく関係なく、ひとつの作品としてこのアルバムは時代を超えている。恐らくこれからも僕の愛聴盤であり続けるだろう。



拍手」とあわせて、こちらもポチッとお願いします!

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jerrio.blog.fc2.com/tb.php/4-bcf6e7d5