Jerrio's Cafe

店主Jerrioのよもやま話と音楽の世界にようこそ...

草食系チェットがボサノバを生んだ?

Posted by Jerrio on   7 comments   0 trackback

”草食男子”なんて言葉を聞くと、ヤギがもぐもぐ草を食んでいる映像が頭に浮かんできて、つい「肉食えよ、肉!」なんて、茶々を入れたくなってしまう。

中性的とも言われるチェット・ベーカーの声は、今風に言えば草食系だ。決してがんばらない、アンニュイな雰囲気をねっとりとまとわりつかせた、ささやくような歌声。初めて聴いたときから、その個性に強く惹かれた。成人したてのような初々しさを漂わせるオンリー・ワンの声だ。

トランペッター、チェット・ベイカーの音楽をはじめて知ったのは、1987年頃だったと思う。当時、梅田を経由して通勤していたので、時間が取れれば梅田エストにあったレコードショップ・ワルツ堂に寄って帰るのが定番のコースになっていた。ちょうど、LPレコードからCDへの移行が始まったばかりで、ジャズのリマスターされた輸入CDが1,500円前後で出始めていた。僕は、ジャズを知るにはまず聴くしかない!と、20年以上前にリリースされた、モダンジャズが最も魅力的だった頃のリマスターCDを、せっせと購入して聴いた。チェット・ベーカーのアルバムも「Chet」を初め数枚購入したが、スタンダード曲をリリカルでありながら意外と骨太に吹くチェットのトランペットは、マイルス・デイビスのようなギラギラ感が無く、ストレートでスマートで、僕はいたく気に入った。

その後購入したアルバム「It Chould Happen To You」で、初めて「歌うチェット」に出会うことになる。インパクトありました!男性ボーカル?と一瞬疑ってしまうような優しい声。大げさな表現を一切しない歌い回し。トランペットを吹きながら歌う、というスタイルも新鮮だった。しかし、その直後に思いがけず入ってきたのが、チェットの訃報だった。享年58歳。オランダのホテルでの転落死だった。その頃、あのジェームス・ディーンに少し似た色男はどこに行ったのか、というくらい、年齢よりもずっと老け込んだチェットが、ボロボロになりながらも精力的に活動していたことは知っていたので驚いたものだ。

翌年、当時読んでいた今は無き「スイング・ジャーナル」に、「オリジナル・モノラルテープ発見。最良の音質でよみがえる」とにぎやかに紹介されて、早速購入したのがこのアルバム、「Chet Baker Sings」だ。

Chet Baker Sings
Chet Baker Sings


1956年に発売されたこのアルバムには、全盛期の歌うチェットの魅力が全て詰まっている。西海岸の香りを感じさせる軽快なリズムセクションは、盟友ラス・フリーマンのピアノが効いていて、ピリッと締まった中にも明るく自由な雰囲気が漂う。そこには、東海岸でのどこか窮屈な演奏とは違って、勝手知ったるホームグラウンドで古いラブソングを伸び伸び歌い、吹くチェットの姿がある。

ここに収められた14曲は、そのバリエーションや並びから、まるで組曲のような印象を受ける。軽快なトランペットのオープニング”That Old Feeling”で始まり、スインギーな”Look For The Silver Lining”で終わるのだが、その間の曲のバリエーションがいい。

  Link:  That Old Feeling / Chet Baker

エレクトリック・ピアノならぬチェレスタを効果的に用い、チェットが切々と歌う4曲目の”My Ideal”、ロマンティックなメロディーとチェットの声が混然となって胸に迫ってくる5曲目の”I’ve Never Been In Love Before”、ガーシュインの名バラードをスインギーに歌いこなす7曲目”But Not For Me”、と名演が続く。

  Link:  My Ideal / Chet Baker
  Link:  I've Never Been In Love Before / Chet Baker

後半の圧巻はなんと言っても10曲目の”My Funny Valentine”だ。チェットのささやくような声は、この曲の叙情性を際立たせる。そして、13曲目”I Fall In Love Too Easily”での声とトランペットは、チェットの持つ魅力をフルに発揮したロマンティックなナンバーに仕上がっている。

  Link:  My Funny Valentine / Chet Baker
  Link:  I fall in love too easily / Chet Baker

ところで、チェット・ベーカーのささやくような歌声がなければ、「ボサノバ」という音楽は生まれていなかった、という衝撃の事実(?)をご存知だろうか。ボサノバは、ジョアン・ジルベルトが、独自に生み出したギター奏法で作った音楽をアントニオ・カルロス・ジョビンの元に持ち込み、そのささやくような歌唱とギター奏法の斬新さを見て取ったジョビンが、楽曲「想いあふれて(Chega de Saudade)」をジョアンに提供し、リリースしたことに端を発している。

ジョアン・ジルベルトはその数年前、音楽の世界に身をおきながらも、仕事も無くマリファナ中毒にもなり、どん底の生活を送っていた。そんな中、友人の勧めで一旦都会を離れることを決意。リオを遠く離れた姉の家に居候しながら、1年間ほど創作活動に専念する。そのスタイルは風変わりなもので、一日中、残響のあるバスルームに閉じこもって、歌唱法とギター奏法の実験に明け暮れるものだったという。その時の歌唱法こそが彼のアイドルだったチェットベーカーのささやくような歌唱法であり、その歌に合う独自のギター奏法を編み出し、それが「ボサノバ」の誕生へとつながっていった、ということなのだ。

ジョアン・ジルベルトは、後に結婚するアストラッド・ジルベルト(「イパネマの娘」のボーカルで有名です)に、「君とチェット・ベイカーと僕の3人で、「ゼア・ウィル・ネバー・ビー・アナザー・ユー」を永遠に歌い続ける想像上のヴォーカル・トリオを結成しよう」と言って口説きおとしたという。この曲も今日紹介のアルバムに入っている。

もしもチェット・ベイカーがトランペット・オンリーで歌っていなかったら。あるいは、熱唱型の歌い方をしていたら....うーん、歴史に「もしも」は無いって言うけど、間違いなくボサノバは生まれていなかっただろうなぁ。ボサノバが生まれていなければ、今の音楽世界は相当変わっていたんじゃないかな。少なくとも僕の愛聴盤はかなり減っているはずだ。

そんなことを思いながらチェット・ベイカーのささやくような歌声を聴いていると、いつものチェットの声も少し重々しく感じてくる。そして、ますますかけがえの無い声に思えてくるのだ。

あれ? チェット・ベイカーってボサノバの曲、演奏してたんだっけ...



拍手」とあわせて、こちらもポチッとお願いします!

スポンサーサイト

Comment

Gackey says... "はじめまして。"
mixiから来ました。
今ちょうど、ボサノヴァ~ジャズ系のボーカルに興味があって、ナイスタイミングの記事でした。とても面白く読ませていただきました。
私も、(自分自身草食系の声なんですが ^ ^; )チェット・ベイカーからTOKUあたりの歌い方が好きなんです。難しいですけどね。
2011.02.10 18:37 | URL | #1ulyY0PA [edit]
Jerrio says... "Re: はじめまして。"
Gackeyさん
ご訪問ありがとうございます。
音楽活動されているようですね。こちらは欲求不満で、うらやましい限りです。
草食系の声!とのことですが、やっぱりチェットのようにはいきませんよね。
なかなか難しいですが、うまくビブラートコントロールして、がんばってください。
今後ともよろしくお願いします。
2011.02.11 01:30 | URL | #- [edit]
ジャズボサ キチオ says... ""
チェットの歌い方がジョアンに影響を与えたという記事を最近はよく目にします。でも私は50年近くジャズとボサノバを聞いていますがこの意見はかつて聞いたことがありませんでした。これはジョアンがそう言ったことでしょうか?そうではないですよね、あの気位の高い、アメリカとジャズマン嫌いのジョアンが自分の口からいうはずがないことだと思います。
ジョビンもボサノバとはジャズの影響を受けて出来た音楽ではないとハッキリ言っていますし、ジョビン以上のボサノバ原理主義者ジョアンが自分でチェットの影響を受けたと言ったというのでなければ信用できません。

なぜ50年間読んだことも聞いたことも無かったことが今、最近言われてるのか不思議なのです。私の情報不足、勉強不足かジョアンがそう言っているのか、でなければ誰が言い出したことなのか、できればソースというかそのあたりの情報の源を知りたいのです。ところがそのあたりが「--------受けたと言われている」というエントリーばかりなので。貴方は何で、誰からこの話を読まれたのか聞かれたのか、知られたのか、興味があるところです。

板橋純氏や中原仁氏、田中勝則氏や中村善郎氏など権威者?の解説でもこの意見は読んだことがありませんが------
某アメリカ人がボサノバを「ジャズとサンバを絶妙なバランスでミックスした音楽である」などといっている失笑もののコメントを読んだことがありますが、ジョアンの歌いかたがチェットの影響を受けたというのも、このようないかにもアメリカらしい我田引水のアメリカ人が言い出した意見ではないでしょうか。酷いのになるとボサノバはジャズの一つのジャンルのように書いているのもありますから(笑)

私はジャズもボサノバも好きですから「ジャズがボサが、ジョアンがチェットが云々」ではなく、これが本当かどうかということだけに興味があるだけですし、ケチを付ける気などは毛頭ありませんのでその辺は特に誤解のないようにお願いしたいと思います。
いずれにしろ、私としてはジョアンが自分でチェットの影響を受けたと言ったのでなければ信用できないという立場です。もし、そういう客観的に信用できる事実があるのでしたら素直に認めたい、信用したいと思います。
2016.02.20 09:18 | URL | #- [edit]
Jerrio says... "Re: ジャズボサ キチオ さん"
こんな、休止中のようなブログにコメントをいただき、ありがとうございます。もう5年以上前の記事でしたので、僕自身思い出しながらになりますが。。。

確かこの話は、当時その一端を知り合いから聞いて、え?本当?ってな感じで新鮮だったわけですが、同時に、ちょっと眉唾かな、とも思ったものです。それでも毎週ブログ更新をしている時期で、捨て置けない内容だったので、自分なりに色々調べて、ちょっとまだ確信はなかったものの書きました。タイトルの最後のクエスチョンマークは、そのときの引っ掛かりを表していたかも知れません。今読めば、ちょっと違うかなという部分もありますが(ジョビンがらみのくだりなど)、それはそのうち修正しておこうと思っています。

僕はジャズもボッサも好きではありますが、それほど傾注しているわけではありません。色々な音楽をジャンルに関係なく聴いて楽しんでます。10年ほど前までは音楽や音に関係する仕事でしたので、仕事目線でとにかくあらゆるものを聴きまくってましたが、今は「趣味」と言えるでしょうか。何故か今はアルゼンチン、ブラジルの今の音楽にはまってまして。。。かなりローカル、ジャンルは一言では言えません。

当時、どういう経緯で、ある程度確認したかは正直忘れてしまい、追う事もできませんでした。どのあたりまでどう確からしいかは、確かに本人にでも聞くしか無いのでしょうが、どうもブラジルでもこのあたりの話はいろいろ出ているみたいなので、まあ当時の周辺にいた関係者はまだまだご存命の人が多い現状から言えば、そろそろ色々な話を客観的に話していただける世代の人も多くなっているでしょうから、おおむね正しいのではないかと踏んでいます。特に、ボサノバ誕生50周年、「Gets/Gilbert」発売50周年、ということで、数年前から日本も含め、様々なイベントや記念アルバム、インタビュー等が行われている現状から見れば、そういう背景から来る新しい話が出る、ということも不思議では無いかもしれません。

例えば、ブラジルのジャーナリストである、Luis Nassif が書いている下記のような記事には、ここに至るまでの状況も含め、ジョアンがチェットのアルバムを何度も聴いていた話が直接的に書かれています。(ただし、ポルトガル語なので読むのは苦労しますが。。。)調べてみるとほかにも、色々ありそうです。

http://jornalggn.com.br/blog/luisnassif/chet-baker-a-atuacao-que-mudou-a-vida-de-joao-gilberto

恐らく5~6年前、僕が話を聞いた元ネタの本は、渋谷の Bar Bossa のマスターである林伸次さんの著書「BOSSA NOVA」(中央出版アノニマスタジオ)あたりかと思います。例えばこの中には僕のブログにも書いている、アストラッドへの口説き文句(チェットの話)も出てきますし、ボサノバの草創期に至る、ナラレオンのアパートメントの話も出てきます。

その本の内容を部分的に紹介しているブログがあることにも今回知りました。ぜひちょっと見てみてください。ボサノバ以前からボサノバ草創期の雰囲気が少し伝わってきます。(特にこのvol.8-12のあたり、特に11にはchetが。。。)

http://www.jjazz.net/tokyocrossing/bossanova/index.html

まあ、今のジョアンは偏屈おやじそのものなので、そこからはもうそんな話は聞けそうにありませんが、周辺にたくさんいた人からこのあたりの話は十分取材できるような気もしますので、その話がとんでもない間違いということはないかと。。。まあ、ジョアンにとっては、彼の音楽は「ひとりサンバ」なのであって、「ボサノバ」なんていうジャンルの音楽をやっているつもりはないのでしょうが。。。「ボサノバ」はリスニング・ミュージックの世界で、あるいはジャズの中で、創生した人たちの手も少し離れ、勝手に発展していった感があります。

1957年当時のブラジルでの音楽状況を思うと、ジャズやらボサノバやらっていうジャンルの話はもちろんほぼなかったでしょうし(流行歌というくらいでしょうか)、「チェット・ベイカー・シングス」のアルバムは、ブラジルでも結構売れただろうし、そういう中で色々悩みながら模索を続けていた若きジョアンは、もちろん偏屈オヤジでもなんでもなく、挫折しながらも目をぎらぎらさせながら自らの新しい音楽を模索していたクリエイターだったのだろうと思います。

1964年の「Gets/Gilbert」の周辺事情とその後の彼に降りかかった様々な状況が、今のちょっと偏屈なジョアンを作ったのかなと、何となく思います。

といいながら、おっしゃっているジョアンの肉声があるわけでは無いので、何をもって決定的かはちょっとわかりませんが、とりあえず。

またご訪問ください。
2016.02.22 21:26 | URL | #- [edit]
ジャズボサ キチオ唾 says... ""
追伸
忘れておりました。そうです、この記事がよく出ているんです。ジョアン、チェット、アストラッドの三人でというヤツです!
ジョアンはジョビンの比ではないブラジルオタの偏屈変人、へそ曲がりの気位屋ですから(チェット以外の)アメリカ側からこれを押付けて言われると認めるのがそりゃ嫌だったのでしょう。特にゲッツには凄く嫌悪感を持ってるようですね、一説によるとゲッツがアストラッドに食指を示したからだという話ですが(笑)
2016.03.28 12:01 | URL | #- [edit]
ジャズボサ キチオ says... ""
ダメ押しの記事が有りました!岩波洋三さんが書いてるらしいのですが、ジョビンの妹が「それ」を聞いたとはっきりと書いているとのことです!
永年の疑問をハッキリさせることが出来ました、ご協力本当にありがとう御座いました。
2016.03.29 13:19 | URL | #- [edit]
Jerrio says... "Re: ジャズボサ キチオ さん"
情報ありがとうございます。確からしい情報ということで、安心しました。ぜひ、またお越しください。
2016.03.29 22:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jerrio.blog.fc2.com/tb.php/29-7d327cd5